ミラドライのこんな変化

###Site Name###

まずは、医療機関で行われる脱毛治療について説明致します。

まず医療脱毛とは、皮膚科や美容外科などの医療機関で、医師が患者に対して施す医療的にムダ毛を処理する脱毛治療のことを言います。医療機関では、医療用機器として厚生省から認可を受けた医療レーザー機を使用し、医師が直接、或いは医師の監視のもとで治療が行われます。
医療と言えば保険の適用が気になる所ですが、医師により多毛症を判断された患者には、治療の一部で保険が適用されるようです。


しかし、美容的な理由による脱毛に関しては、保険は適用されないようです。

このサイトでhttp://www.wakigazamurai.com/wakiga/checkの分かりやすい情報はこちらです。

エステで行われる脱毛の処理方法としては、電気脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、ワックス脱毛といったやり方が用いられております。

ちなみにこのエステティック業と言うのは、手技、化粧品、機器等を用いる事により人の皮膚を清潔にし、美化し、もしくは体型を整え又は体重を減ずる為の指導又は施術を行う事業所の事を指します。

つまりエステサロンというのは、あくまでも医療機関ではないという事を理解しておいて下さい。

そのため、業務に法的な規制のようなものはありません。

ただし、いくつか存在するエステ協会がそれぞれ基準のようなものを整備しているようです。

最後に紹介するのは、ムダ毛の脱毛を自己処理するという方法です。ちなみに自分で行うムダ毛処理方法は主に、シェーバー、クリーム、ムース、ワックス脱毛、テープ、毛抜きといったやり方が考えられるでしょう。
更に医療機関やエステでの脱毛処理と比べてどうかと言えば、気軽に家庭で行える上に、費用も安価で済むという利点があります。


ただし、間違った方法でムダ毛処理をし、皮膚を傷つけたり、炎症などを起こすなどのトラブルを起こす危険性もあります。更に他にも、毛穴の黒ずみや肌荒れ、菌の進入による毛穴の化膿などもよく起こり得る事態です。



自己処理による脱毛処理を行う前には、使用する脱毛器具の使用上の注意をよく読み、適切な脱毛方法でムダ毛処理する事が必要です。